ダンボールのルーツ探検隊トップ >>

ダンボールのルーツ

ダンボールのルーツ探検隊へアクセスしていただき、ありがとうございます。

ダンボールのルーツ探検隊

ダンボールは元をたどれば何からできているのでしょうか?

ダンボールには色々なタイプがあります。

とても進化していて水濡れに強い、防水加工や防虫加工、補強が施されたダンボールもあるようです。

そういったものは昔からあったのでしょうか?

今みたいなダンボールは何が元になったのでしょうか?

ダンボールは主に箱として梱包用途に使われることが多いですが、そもそも木箱やパレットという木製のものから進化したようです。

木箱もパレットもそれぞれ今でも現役で活躍していて、目にすることが多いです。

さて、段ボールは生分解性をもった天然素材で製造されているようですので、万一捨てられても土中で分解され土に戻るのです。

そう考えると、とても環境に配慮したダンボールは今の時代にマッチしているのですね

ダンボールのルーツは「イギリス紳士のシルクハットの内側に汗取りとして使った波形の紙だった」というのは有名な話です。

「波形の紙」というのがポイントのようです。

実際、ダンボールと聞いて思い浮かべるのは、あの特徴的な波形ですし。

波形がないとただの厚紙になってしまいます。

ダンボールがどうしてこんな風になっていったのか、不思議に思い、ダンボールのルーツを探すべく、パレットや木箱を調べてみようと思います。

子供の夏休みの自由研究の題材としてもいいかも知れません。

ルーツをたどるならダンボールではなくてもいいのですが、興味を持ってしまったら探索しないではいられない性分なのです。

ダンボールのルーツを探検してみます。

ダンボールのルーツ探検隊記事一覧

ダンボールのルーツ探検隊

ダンボールのルーツ探検隊

ダンボールのルーツ

ダンボールの昔

ダンボールのパレット

未だダンボールが無い頃

当サイトについて

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。