ダンボールのルーツ探検隊トップ >> ダンボールのルーツ探検隊 >> ダンボールのルーツ

ダンボールのルーツ

ダンボールのルーツ

強化ダンボールは板と板の隙間が開いており、重軽量物の梱包ができるのです。

密閉木箱に比べてコスト的のも安いのが特徴となっています。

もちろん製品の重量と形状に応じた梱包により、大型製品や重量物でも対応可能になっているのです。

強化ダンボール以外にも、梱包用一般ダンボールやカラーダンボール、板ダンボールに通販用、引越し用、整理用、ポスター用や書籍用など、製作の大きさに上限はないようです。

ダンボール家具は、ほとんど接着剤が使われていないため、アセトアルデヒドや新建材に反応するアレルギー体質の人にとっても安心して使えます。

最も多い梱包形態であり、国内梱包の定番になっているようです。

別名、クレート梱包とも言うのです。

木材や合板にて密閉にし、中の荷物が見えないように梱包するのです。

強化ダンボールは、梱包がしやすく、重量が軽い為、女性にも簡単に扱えるのです。

その為、輸送コストが低減されるのです。

従来の輸出梱包で主流であった木箱に変わる新しい梱包資材として近年需要が高まっているのです。

防水、防湿を必要とする製品に対して雨、ホコリなどから製品全体を保護するのです。

また、荷物にもよってくるのですが、比較的に重量物を扱うのが特徴になっているのです。

ダンボールの主な役割は内装及び外装用箱として用いられるのです。

強化段ボールを製造する初期の段階で、防炎加工を施すことができればリサイクルも可能だし、質感もおそらくほとんど変わらないようです。

そういうやり方で、撥水加工を施した強化段ボールが最近製品として流通するようになってきているのです。

近年ではパレット、緩衝材としても使われている。

段ボールを何段にも積み重ねて貼り合わせたものです。

段ボールパレットの足などに利用されているが、目に見えない所では以前から活躍しているようです。

繰り返し使用するのには不向きであるが、廃棄の際には有価資源として扱われるため、容器包装リサイクル法でのリサイクル費用が発生しないというメリットがあります。

ダンボールでありながら、かなりの合成をもつことから、木材が主であったパレットにも用途を広げているのです。

段ボールパレットの強度は、曲げ強度と耐圧強度の2つが注目されているのです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。