ダンボールのルーツ探検隊トップ >> ダンボールのルーツ探検隊 >> ダンボールパレットの強度

ダンボールパレットの強度

ダンボールのルーツ探検隊 パレットの強度

曲げ強度は特に天面と底面の段ボールの剛性が影響し、耐圧強度は特にパレットの桁材の強度に影響するのです。

強度を必要以上に上げることはコストアップにも繋がるのです。

ダンボールがなぜ衝撃に強いのかというと、ボール紙とボール紙の間に、更に中芯と呼ばれるボール紙に段をつけたものが挟んであり、これが衝撃を吸収するからです。

オール段ボール製の各種緩衝材設計に用されたり、空気清浄機やエアーフィルターとしても活躍の巾を広げているのです。

木製の場合に要求される曲げ強度は必要とされていないため、重量物、偏荷重の貨物には不向きであるのですが、食品包装などの衛生面、輸出包装で要求されている木材燻蒸処理が不要であるなどのメリットがあるのです。

軽いのがダンボールパレットの大きな特徴となっているのです。

木製パレットに比べて約4分の1、プラスチック製パレットに比べて約3分の1の重量になるのです。

積載重量の軽減で物流コストを抑制できるのです。

規格品として引越し・通販・米用ダンボ-ルなど多用途に使える宅配サイズのダンボール箱を必要な数に応じての価格でセット販売・ダンボール製造販売・規格品以外にもお作る事が出来るのです。

来、安価なパレットとして重宝されてきた木製のパレットは昨今、輸出する各国の規制・基準にあわせた虫の薫蒸処理が必要になっているのです。

手間のかかる手続きや薫蒸処理費用を考えると、特に輸出の場合に木製パレットはとても使いづらいものになってきているのです。

木製パレットのような薫蒸処理不要なのです。

薫蒸処理費用も煩雑な手続きも要りません。

ワンウェイで気軽に使える輸出用途は、ダンボールパレットが最も適しているのです。

またパレットの桁部分の作り方によっても強度が違うという記事を見ました。
このページです。→ダンボールパレット

片面ダンボールは柔らかく、自在に巻くことができるようですので、割れやすいものを外部の衝撃から守り、環境にも優しく大活躍しているのです。

ダンボールパレットでは木製のそれと比べて害虫やバクテリアが発生しないため、輸出時の薫蒸処理が不要になるのです。

軽いダンボールパレットは移動にフォークリフトを使う必要がなく、手で軽々持運びできるのです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。