ダンボールのルーツ探検隊トップ >> ダンボールのルーツ探検隊 >> 木製素材のパレットって

木製素材のパレットって

ダンボールのルーツ探検隊 素材木製

リサイクルできる素材木製パレットやプラスチックパレットはその処理にどうしても費用がかかるのですが、ダンボールはリサイクルの優等生ですので、パレットを破棄する際、そのまま古紙の回収ルートにのせられるのです。

加工性の良いダンボールパレットならではの工夫ができるのです。

天面に立ち上がりを付ければ商品の横滑りを防止できるのです。

普通の段ボールが3枚の紙から構成されるのとは異なり、片面段ボールはまっすぐのライナと段々のついた中芯だけで構成され、段方向と同じ方に自由に巻きつけることができるようです。

サイズや形状・印刷をオーダーメイドできるプラスチック製品は高額な型を作る必要があるため、プラスチックのパレットを手配するには細かい案件に対応しきれない面が有るのです。

パレット出荷を安価にそしてリサイクルへの考慮を考えるとダンボール製のパレットは大変使いやすいようです。

それに対してダンボール製品は加工が容易なため、パレットを作るにしても サイズや形状を自由にオーダーメイドできるのです。

ダンボールは、生分解性を持った天然素材で製造されているため、万一捨てられても土中で分解され土に戻るようです。

またダンボール箱と同様に商品名や会社ロゴなどを直接パレットに印刷することができるのです。

衛生的で薫蒸処理が不要なのが便利なことなのです。

従来、安価なパレットとして重宝されてきた木製のパレットは昨今、海外に輸出する各国の規制・基準にあわせてあったのです。

基本的に、ダンボール箱には、上下左右にべろのようなものがついているのです。

このべろの部分をかみ合わせることによって、ダンボール箱を組み立てることができるようです。

軽くて安全なパレット重量は木製パレットの1/3以下ですので作業時の取扱がとても楽なのです。

木製・プラスチックパレットに比べ、軽量なので持ち運びに便利になっているのです。

段ボールは短納期で大量生産ができますので、高速自動包装ラインによる商品の梱包が可能となり、高い生産性を発揮するようです。

作業効率が大幅にアップするのです。

女性でも持ち運びができるのがびっくりです。

そんな良いこと尽くめに見えるダンボールパレットにも弱点はあるようです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。