ダンボールのルーツ探検隊トップ >> ダンボールのルーツ探検隊 >> パレットの薫蒸や害虫の駆除

パレットの薫蒸や害虫の駆除

ダンボールのルーツ探検隊 ダンボールパレット

紙製品なので当然水には弱いようです。

プラスチックや木で出来たパレットと異なりどうしてもスポットで荷重がかかると弱いなおです。

手間のかかる手続きや薫蒸処理費用を考えてみてください。

特に輸出の場合、以前の木製パレットはとても使いづらいものになっていたのです。

包装の多様化とともに販売競争の激化による商品の差別化が求められ、それに対応して種々の美粧ダンボールが出現し、色々な手法が取られているがその代表的なものには次のような手法があるようです。

水対策はパレットの荷扱いに注意する必要が有るのです。

荷重はパレット全体に平均的に荷重がかかるような荷物の積み方をする必要があるのです。

ダンボールパレットでは木製のそれと比べて害虫やバクテリアが発生しないようです。

ダンボールのサイズは、中に入れる物の大きさや配送料金を考慮して選ぶのがポイントです入れる物のサイズにきっちり合わせたい場合は、内寸で選ぶと、ぎゅうぎゅう詰めになったり、箱が変形するようなことはないのです。

段ボールパレットとは、段ボール紙でつくられたパレットのことなのです。

使い方は普通の木製・樹脂製パレットと同様で、軽量で取扱いが簡単という特長があり、木製パレットに多いトゲの刺さりや、釘の引っかかりなどのトラブルがないというメリットもあります。

木製・プラスチックパレットにおける、薫蒸・廃棄処理の問題は全く無いようです。

重量物にも十分耐えうることが可能になっているのです。

使用する原用紙によって強度が変わるため、厚いから強い、薄いから価格が安いということにはならないのです。

紙製といっても平面耐荷重は100kgから1ton程度と高強度が保てるように、トラス状フレームを用いるなどの工夫が施されているのです。

一方、耐衝撃性や水濡れ性は弱く、基本的には使捨てだが、リサイクル性は非常に高く、廃棄コストの削減ができるのです。

バレットダンボールなら輸出時の薫蒸処理が不要になるのです。

リサイクルできる素材になっているようです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。