ダンボールのルーツ探検隊トップ >> ダンボールのルーツ探検隊 >> 梱包からみたパレットやダンボール

梱包からみたパレットやダンボール

ダンボールのルーツ探検隊 梱包

ダンボールでありながら、かなりの合成をもつことから、木材が主であったパレットにも用途を広げているのです。

ダンボールはリサイクルの優等生といえるのは、このためです。

ダンボールは今の時代に求められる循環型社会に最適なリサイクル包装材といえるようです。

厚みのないものの梱包に適していると言われています。

高さ5センチに満たない箱の場合は、この形状をお勧め出来るようです。

軽量ですので、航空便においては、ウエイト・トン換算による重さに差があるのです。

フレート費用が大きく反映されるようです。

ダンボール家具の作り方の雑誌が出版されているようですので参考にして作ってみるのもお勧めできます。

木製の場合に要求される曲げ強度は必要とされていないため、重量物、偏荷重の貨物には不向きなのですが、食品包装などの衛生面、輸出包装で要求されている木材燻蒸処理が不要であるなどのメリットがあるのです。

ダンボールパレットは環境に優しいオール紙製のパレットなのです。

サイズや形状・印刷をオーダーメイドできるものを海外に輸出してください。

プラスチック製品は高額な型を作る必要があるようです。

再生可能、害虫の心配がないので薫蒸処理不要なのです。

いろいろな種類がありすべて違う構造のものなのです。

梱包作業も行なっている業者もあります。

輸出梱包でお困りの方もいる方も実際多いのではないでしょうか。

日本の紙やダンボールの魅力を見せつけなければ海外に木箱で製品を輸出する場合は、ベニアという合板を使用している場合があるのです。

ダンボールパレットはメーカーにより製造方法が違うために多くの種類があるのです。

ダンボールパレットの桁の部分では、積層ダンボールを使ったものと紙管を使ったものなどがあるのです。

輸出梱包や木枠梱包、ダンボール販売を通じて関連企業やお世話になっているのです。

ダンボールを横から見たときにナミナミした模様に見える部分の材質を中芯と呼んでいるのです。

ダンボール紙でできた家具があるようです。

輸出用ダンボールケースを紹介すると、輸出用に使われるダンボールケースは普通のダンボールのシートとは違うのです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。