ダンボールのルーツ探検隊トップ >> ダンボールのルーツ探検隊 >> 木材について調べてみた

木材について調べてみた

ダンボールのルーツ探検隊 木材

一般的にダンボールパレットは偏加重に弱いために、平均的に荷重がかかるように積まなければならないのです。

一般的に天板を強化ダンボール等を使って丈夫にすることにより使い勝手をよくしているのです。

木造家屋の解体から発生する廃木材、建築現場で使用するコンクリートの型枠廃材、物流時に使用されている木枠梱包材や木製パレット、不要家具などのさまざまな木くず廃材が発生しているのです。

軽さと強度、構造に由来する衝撃吸収性、何度も折りたたんでは組み立てられる利便性などから、宅配便、引越し等の運送業、または貯蔵の分野で、これまでの木箱に取って代わるようになっているようです。

下板は仕様により、付けたり、付けなかったりしているようです。

下板をつける場合、ハンドリフトの使用の可能性がある場合には、大きい1枚のダンボールを貼るわけにはいかないために、3枚ダンボールを貼ることになるのです。

木質系廃棄物のリサイクルとした場合、破砕後製品としてのチップ状にするのです。

ダンボールとはライナーと呼ばれる表・裏の紙と、中芯と呼ばれる中間層の波状の紙を接着剤で貼り合わせて作られた板紙を多層構造で使用して包装資材などに加工した紙製品のことです。

大半が熱エネルギーの必要な工場の燃料として使用され、残りを紙の原料や、細かく砕いた木くずを固めて板状にし、家具の部材として使用されているようです。

中国などへの輸出では、木材パレットでは虫駆除が必要なのです。

そこで最近では輸出用のワンウエイパレットとして段ボールを利用した物が広く用いられ、特に家電メーカー、自動車メーカーなどでは標準となってきているのです。

重量には高い耐性があるのですが、取り扱いには注意が必要なのです。

段の2段重ねや3段重ねなど、普通の段ボールより強度が高く、ライナにも輸入した厚いものを使用しているようです。

ダンボールはしま模様のイメージが強くて、しまの目立つほうが表だと思われているのですが、やっぱり目立たないほうが表なのです。

というわけで、インテリアとして使うなら目立たないほうが表にくるように使うようにしてくだい。

強化ダンボールは、強度はもちろん、湿気にも強い素材なのです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。