ダンボールのルーツ探検隊トップ >> ダンボールのルーツ探検隊 >> パレットの用途と材質

パレットの用途と材質

ダンボールのルーツ探検隊 材質

運送したい商品に合わせてご提案をしてくれるようです。

底の構造が組み立てワンタッチ式になっているものや、そこも上蓋同様のもの、フタの部分に持ち手がついた物など、様々なものがあるのです。

実際に組み立てるだけのダンボールを販売しているようですから、簡単にダンボール家具を自分で作ることが可能となっているのです。

又、木製パレットとの組み合わせも可能なのです。

底の部分に木枠を組み合わせる事で、濡れた地面にダンボールを置いても、商品が濡れる事はないのです。

最近では輸出用のワンウエイパレットとして段ボールを利用した物が広く用いられ、特に家電メーカー、自動車メーカーなどでは標準となってきているようです。

又、解梱が楽なのも特徴となっているようです。

ダンボールは実用性やニーズの高さから量産体制が整い、材質の向上が高まるにつれて、従来の用途だけでなく幅広い使い道を探る動きがスタートしているのです。

パレットの寿命は、使い方や使用場所、用途によって、異なるようです。

1Way用から、長期間繰り返し使用する物まで、様々なタイプがあるようです。

重量には高い耐性があるのですが、取り扱いには注意が必要になっているようです。

ダンボールと言いますと、荷物の運搬に用いる箱というイメージが強いかもしれないのですが、最近のダンボールは家具やインテリア雑貨としても広く利用されているようです。

ダンボールの種類には、白色ダンボール、茶色ダンボール、プラスチックダンボールがあるのです。

木製パレットは、修理をする事によって、長期間使用する事ができるのです。

現在、パレットは木製以外にも色々な素材を使用した物が開発されているのです。

しかし、どんな素材でも、メリット、デメリットがあるのです。

当然、木製パレットにもメリット、デメリットがあるようですが、総合的に見て、そのバランスが一番いいのが、木製パレットなのです。

段ボールパレットの足などに利用されているが、目に見えない所では以前から活躍するようです。

特徴:滑りにくい、低価格、小ロットOK、多品種、修理可能、屋内、屋外問わずに使用できるのです。

処理をする事によって、輸出にも対応できるのです。

ダンボールパレットもご用意しているのです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。