ダンボールのルーツ探検隊トップ >> ダンボールのルーツ探検隊 >> ダンボールパレットの特徴

ダンボールパレットの特徴

ダンボールのルーツ探検隊 特徴

大別すると一般ダンボールと特殊ダンボールに分類され、お馴染みダンボール箱で、後者は耐水・撥水、鮮度保持、防錆、導電性、断熱などの効果・特性をもつものなどが存在しているようです。

強化ダンボール家具とはどういうものなのです。

一般的に、ダンボールは弱くて安物の梱包用の箱というイメージをほとんどの人が抱いているのではないかと思います。

ダンボールを使用し、数量・サイズともにご注文通りに製造しているのです。

ダンボールパレットの最大の特徴は、軽さと、処分のしやすさなのです。

普通の段ボールが3枚の紙から構成されるのとは異なり、片面段ボールはまっすぐのライナと段々のついた中芯だけで構成され、段方向と同じ方に自由に巻きつけることができるようです。

ダンボール家具は、特殊強化ダンボールという一見何の変哲もない普通に見えるのですが強度の高い素材を使用して作られる家具で、丈夫で水に強く、アレルギーの心配もなく、何より軽くて扱いやすいというのが特徴となっているのです。

又、木製パレットの場合は、輸出先によっては、熱処理、もしくは、臭化メチル消毒処理をしなくてはならないのですが、ダンボールパレットは、そういった処理が必要ないのもメリットとなっているのです。

ダンボールの原料は、ほとんどが使用済みの紙から出来ています。

ダンボールは他の紙製品と比較すると、故紙が非常に多く含まれているようです。

強化段ボールは、梱包がしやすく重量が軽い為、輸送コストが低減されるのです。

従来の輸出梱包で主流であった木箱に変わる新しい梱包資材として近年需要が高まっているのです。

但し、やはり、水、湿気には弱いのが難点なのです。

合板パレットは、含水率が少ないようですので、湿気に弱い積荷に最適なのです。

又、ダンボールパレットと同じく、輸出先によっての、パレット熱処理や、臭化メチル消毒処理をしなくて良いもの利点となっているのです。

ダンボールを使う特性としては、中身の商品の保護が主な目的なのですが、保管や管理をするにも紙器は適しているのです。

底の形状をユニパル、木材、非木材、木材燻蒸、樹脂、スチールなどに仕様を変えることもできるようです。

但し、木製パレットに比べるとサイズによっては、割高なのが難点なのです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。