ダンボールのルーツ探検隊トップ >> ダンボールのルーツ探検隊 >> ダンボールのルーツ タイプ

ダンボールのルーツ タイプ

ダンボールのルーツ探検隊 タイプ

程度コンスタントに箱が出荷するようになれば、その印版代への出費も気にならないところなのですが、数十箱の小ロットの箱で印刷をしたい場合はどうしても気になるところではないかと思います。

荷物の重量に合わせてパレットを製造しているようですす。

ダンボールには色々なタイプがあるのです。

使用する原用紙によって強度が変わるため、厚いから強い、薄いから価格が安いということにはならないのです。

また、強度重視すれば自ずと材質が高くなり1枚あたりの単価は、コスト高になるのです。

とても進化していて水濡れに強い、防水加工や防虫加工、補強が施されたダンボールもあるのです。

荷物を手作業で倉庫内やトラックへ移動させるよりもパレットの上に荷物を整理して置き、フォークリフトで一度に移動させた方が時間の短縮や労働内容がとても楽になり、物流業ではかかせないアイテムとなっているのです。

まず企業で使っているパレットの種類ですが、実に様々なものがあるのです。

ダンボールを使う特性としては、中身の商品の保護が主な目的なのですが、保管や管理をするにも紙器は適しているのです。

ダンボールの材質にはいくつか種類があるのです。

ダンボールは表紙、中芯、裏紙を張り合わせた構造になっていて厚みや材質を変えることで強度もかわってくるのです。

ダンボールの実用性が産業界、特に物流の分野で注目され始めているようです。

パレットの使用材料だけでも主流は4種類もあるのです。

またパレットの形に至っては代表的なものでも次の6種類があるのです。

段ボール箱は、主として輸送包装に使用されるため、輸送・保管中に起こる様々な障害から商品を保護することを第一として、段ボールの持つ特性を十分把握した上で包装設計を行わなければならないようです。

A段とB段を張り合わせたものをダブルフルートW/Fとよんでいて8mmの厚さになっていて価格は高くなるのですが強度が強くできているのです。

輸入輸出などで梱包箱を作成する場合Wフルートが採用されることが多いのも強度があるからなのです。

木製パレットには、その用途や積載物の形状に応じてさまざまな形式があるのです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。