ダンボールのルーツ探検隊トップ >> ダンボールのルーツ探検隊 >> ルーツ探検隊 木箱の活用

ルーツ探検隊 木箱の活用

ダンボールのルーツ探検隊 木箱活用

木箱はよくワインを入れる箱で使用します。

高級感もあり、たくさんの種類のものが作られています。

ダンボールを使用する場合もありますが、木箱に入っているワインはプレゼントなどに最適です。

通販では木箱だけ販売してありますので購入してみてください。

サイズも豊富です。

商品の形状、重量に対応し強化2層ダンボール、強化3層ダンボールを貼り合せる事で強度アップが出来るのです。

また、木箱に必要な釘打ち機材など不要となってくるようです。

インターネットでまとめ買いした方が価格的にはお得なのです。

強化ダンボールには2層のものと3層のものがあるようですので、用途に応じて使い分けているのです。

木箱などのように周囲が覆わず、腰下に製品を固定しただけの梱包方法なのです。

パレットに製品を積み、ストレッチフィルムを巻いて包装するのです。

上部にはパレットと同面積の合板またはキャップを載せてエステルバンドを掛ける簡易的な梱包の1つになっています。

多くの業者で取り扱っています。

段ボールの仕様を決めるのに、最後まで頭を悩ませるのが、材質の選定ではないかと思います。

とりあえずフルートまで決まっても、その材質はたくさんあり、どの材質の強度なら大丈夫なのかは、品物が動き出しても気になってしまいます。

ダンボールの中芯は、通常は120gのものが使われているのです。

そのほかに通常よりも少し強度がある中芯として160g、さらに強度がある中芯として中芯強化のバリエーションがあるで様々活用することができます。

ダンボールを作り、売る人々、関連する機械や資材などの全てにかかわる人々の素顔が身に見えると思います。

海外への輸送の場合はパレットを回収して再使用することができないのです。

ダンボールを貼り合わせてコーナー部分をつくるとき、フルートの小口を見せる場合はそのまま貼りあわせればよいと思うのですが、見せない場合にはちょっと工夫が必要になってくるようです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。