ダンボールのルーツ探検隊トップ >> ダンボールのルーツ探検隊 >> ダンボールのルーツ探検隊 形式

ダンボールのルーツ探検隊 形式

ダンボールのルーツ探検隊 形式

形式には種類名や記号が付されており、細かく区分されているのです。

通い箱・保管箱や輸出梱包の木箱の代わりに多く使用されているのです。

軽量で強度、耐久性に優れ、わずかな時間で組み立てられ更に保管時には折り畳むことができるのです。

ダンボールの材質は厚い薄いに関係なく使用する原用紙によって価格もかわっていく特徴があるのです。

薄くても材質が良いものであれば価格は厚いものよりも高くなるのです。

工作機械など重量物を輸送される場合、国際的な規則により木箱、木枠梱包にて発送される貨物は、指定業者の薫蒸済み印を押印する必要があるのです。

強化ダンボールケースを箱状にする際、木箱組立に用いる金槌・鋸などを必要としないので安全に作業ができるのです。

ダンボール材質にはライナーと中芯でいくつかの種類があり種類によって使用目的も大きくかわってくるのです。

まずKライナーと呼ばれるクラフトライナーは色々なところで使用されるもので重さが3種類存在するのです。

重さは重いものの方が強度性が優れているといえるのです。

木材を扱うことでよく起きる棘による怪我はないのです。

貨物が紙箱であっても、パレットを使用すれば、パレットに薫蒸済み印が必要、およびコンテナー内貨物の倒壊防止用の木材にも必要なのです。

新しい木製パレットを使うときは、油絵具を取り出す前に、あらかじめポピーオイルやリンシードオイルを刷り込んでおくのです。

木箱は板と板を接合する際、桟木材を介在して釘打ちするため外容積が大きくなるのです。

その点強化ダンボールは、一体化した面の接合のため桟などは必要としないので木箱と比較しますと外容積が小さくなるのです。

Kライナーの表面を撥水・耐水加工されてものを耐水ライナー、撥水ライナーと呼び水分がでてしまう野菜や果物などを入れても問題がないようにできているのです。

Kライナーよりも強度が強くないものにCライナーがあり強度が落ちてしまいますがその分安いので内装箱用として広く使われているのです。

こうすると油絵具ののりがよくなるのです。

描き終わったら余った絵具はパレットナイフで取り除き、ボロ布などでよく拭いた後、ポピーオイルやリンシードオイルを塗っておくのです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。