ダンボールのルーツ探検隊トップ >> ダンボールのルーツ探検隊 >> 木枠での梱包

木枠での梱包

ダンボールのルーツ探検隊 木枠梱包

輸出梱包では、輸送方法が海上輸送か航空輸送かで考慮するポイントが変わってくるのです。

海外に木箱で製品を輸出する場合は、ベニアを使用するか、熱処理・薫蒸処理をしていなければ、輸出用梱包材としての使用はできないのです。

強化ダンボール紙の価格は、おおよそ1m四方の紙で約3000円弱になるのです。

インターネットでまとめ買いした方が価格的にはお得なのです。

強化ダンボールには2層のものと3層のものがあるようですので、用途に応じて使い分けているのです。

海上輸送では海上コンテナまたは在来貨物船によって荷扱いが異なりますが、より頑丈な梱包が求められるのです。

一方航空輸送では梱包の軽量化が一番のポイントになるのです。

紙だと木材に比べどうしても強度が心配されがちですが、私たちの提案する梱包材は、独自の技術で設計開発したもので、木材に負けず劣らず同等の強度を保つ事ができるのです。

小さい製品では写真のような木箱やダンボールでの梱包が多く見られるのです。

箱から紙製へ代替することにより、コストダウン・作業性の改善・環境問題への取り組みなどの点を改善しているのです。

また、国内梱包のような木枠梱包を用いることもあるのです。

重量貨物の梱包には写真にあるような枠組箱が一般的になっているようです。

JIS Z 1403の規格によれば形式では内容品質量が60tまで対応できるのです。

現状の木箱梱包材より材料コストを抑えることができるのです。

段ボールは大きな1枚の段ボール紙から製造するものなので、標準サイズや規格サイズ、といったような概念はないのです。

お客様の希望されるほとんどの形を製造することができるのです。

また軽量かつコンパクトになり、積載数量が増加でき、輸送コストも抑えることができるのです。

特に航空便での出荷は、コストメリットが期待できるのです。

このほかスチール容器を用いた梱包方法もあるのです。

輸出梱包では長距離の輸送に加え、貨物の積み替えによる衝撃など考慮しなければならない要素が多くあるのです。

輸出梱包の改善提案をするのです。

従来使っていた金属箔コイル輸出用木箱はもう時代遅れです。

こうしたことからも輸出梱包を依頼するにあたっては実績ある会社を選択することをお勧めできるのです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。