ダンボールのルーツ探検隊トップ >> ダンボールのルーツ探検隊 >> ダンボールのルーツ 木箱

ダンボールのルーツ 木箱

ダンボールのルーツ探検隊 木箱

木製パレット以外を使えば、中国・EU諸国・オセアニア等向け輸出でも薫蒸検疫が不要となり、より迅速な発送が実現できるのです。

初期の段ボールは、シルクハット帽を被る時の汗とりとして作られたようです。

波状に折ったボール紙を帽子の中に入れて汗とりに使ったのです。

適正に処理された木材を使用して梱包を行う業者は農林水産省への登録輸出梱包材生産者登録が必要になってくるのです。

枠組み構造のすかし箱。

主に国内向け貨物で使われる梱包箱で、製品に局所的な保護のみ必要な場合や防水にこだわらない場合などに使用するのです。

在庫している規格品のダンボールケースは一般的な形式のものとなっているようです。

ダンボールを横から見たときにナミナミした模様を表と裏から挟んでいる紙の部分をライナーと呼ぶのです。

登録業者には固有の登録番号が与えられ、この番号と木材の処理方法を示す記号が明記された表示をしなければならないのです。

この表示がない場合、仕向地での輸入手続ができないこともあるのです。

板と板のすき間があいており、中の製品が見えてしまう欠点はあるのですが、板がすいている分、材料費は掛からないため割安なのです。

強度段の2段重ねや3段重ねなど、普通の段ボールより強度が高く、ライナにも輸入した厚いものを使用しているようです。

輸出梱包の定番なのです。

全て非木材を使用することにより熱処理は不要となるのです。

LVLとの組み合わせも可能なのです。

ただし、非木材は張り合わせ板なので強度的には限界があるのです。

木箱に代わって最近多く用いられている荷姿のひとつなのです。

中国を始めとする諸外国の植物検疫義務化により、検疫処理をしなくてよい鋼材を用いるこの荷姿に注目が集まっているのです。

ダンボールのなかで、最も一般的に使用されている厚さ約5mmのダンボールシートなのです。

外装や比較的軽い内装品の包装に適し、大きな衝撃吸収性を発揮するのです。

荷物の形状にもよりますが約2トンを超える重量になると燻蒸材も一部使用するのが一般的なのです。

パレットには木製・鉄製・プラスチック・ベニヤ・パチクルボード・ダンボールなど様々な種類があるのですが、一般的には木製やプラスチック製が主流となっているのです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。