ダンボールのルーツ探検隊トップ >> ダンボールのルーツ探検隊 >> ダンボールとしての基準

ダンボールとしての基準

ダンボールのルーツ探検隊 基準

一般の方には、ある程度の比較対象の数字でしか、強度は使いづらいのではと思うのです。

大きすぎるダンボール箱は、荷物を詰めすぎて一人で運べない重さになったり、トラックに上手く積み込めなかったりという問題が出てくるようですので、適度な大きさのダンボールを複数用意しておくことが大切なのです。

このようなことを防ぐために各国は他国からの梱包材に熱処理やその他の処理による消毒の基準を設けているのです。

大体というのは、各段ボールシート屋さんによって違っていたり、また各紙の強度が増してくると軽い紙でも良いだろうとシート屋さんに判断され、使用紙が変わってくるからなのです。

更に、使用する紙も再利用ですから、無公害材料の段ボールを再生して再び無公害包装材のダンボールを作るという循環が最高です。

このような植物検疫規制のある国へ処理されていない材木を使用した木箱を送った場合、現地での通関に非常に手間取るだけでなく場合によっては、日本にそのまま返送される可能性も出てくるのです。

ダンボールの中芯は、通常は120gのものが使われているのです。

そのほかに通常よりも少し強度がある中芯として160g、さらに強度がある中芯として中芯強化のバリエーションがあるのです。

ダンボール製緩衝材は、高い緩衝機能及び強度を持たせるために様々な立体構造が種々提案されているようです。

強度が高くなるほど、中芯のコストも高くなるのです。

重量物包装用段ボールは一般的に強化ダンボールと呼ばれているのです。

強化ダンボールは一般のダンボールと一見良く似ていますがその強度はまったく比べ物にならないくらいに強力なのです。

3枚の材質をそれぞれ変えることによって、強いものや軽いものができるのです。

また、中芯は、規格で波の高さが決まっているのです。

基本的なものは、5mmのA段、3mmのB段なのです。

ダンボール製緩衝材は、高い緩衝機能及び強度を持たせるために様々な立体構造が種々提案されているようです。

海外で生産され日本へ向けて輸出される複写機・複合機を、複数台数まとめて簡易に包装することによる輸送時のCO2排出量の削減や、工場からお客様へ簡易包装での直納、段ボールパレットの利用拡大などに取り組んでいるのです。

用紙によって強度が変わるため、厚いから強い、薄いから価格が安いということにはならないのです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。