ダンボールのルーツ探検隊トップ >> ダンボールのルーツ探検隊 >> ダンボールで化粧箱を作るときの特性

ダンボールで化粧箱を作るときの特性

ダンボールの特性に加工のしやすさということがあります。

これはダンボールで化粧箱を作るときにも大いに利用できる特性です。

ダンボールは自由に加工できるため、様々な形の化粧箱を作ることができます。

もちろん一般の厚紙も自由な形に加工できるのですが、中身を保護するという梱包の目的を考慮した場合、ダンボールが優れていることは自明です。

何故なら、ダンボール自体が厚紙にさらに強度を持たせるために開発されたという経緯があるからです。

したがって、ダンボールで作られた化粧箱は、見た目も美しく、梱包された中身を衝撃などから十分に守るという特性を併せ持たせることができるのです。

それにプラスして、昨今のエコ商品に対する認識の高さがダンボールの化粧箱の値打ちを大きく上げているといえるでしょう。

ダンボールを化粧箱に用いることは最早、突飛なことでも何でもないのです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。