ダンボールのルーツ探検隊トップ >> ダンボールのルーツ探検隊 >> ダンボールの前には

ダンボールの前には

ダンボールの前に物流業界で商品を運ぶ役割をしていたのは木箱で、頑丈でしっかりとした木箱は当時の輸送にはなくてはならない存在でした。

ダンボールは、現在は外箱としての活躍が当たり前となっていますが、実は、元々は物流では裏方の存在としてスタートし、木箱の内側で商品を守る緩衝材として使用されることからその活動が始まりました。

木箱の内側で商品を守っていたダンボールは、いつしか木箱に代わって外箱用として利用されるようになり、現在に至っています。

ダンボールの前に活躍していた木箱はそれだけでも重量があるものでしたので、ダンボールの登場で、物流で荷物にかかる重さが全体的に軽量化するということに成功したのです。

ちなみに現在物流で使用されているダンボールは折り畳んで使うことができるタイプのものが主流ですが、ダンボールが外箱として用いられるようになった当初は、蓋と底、本体の部分がそれぞれ独立していて、合体させて使うようになっていたそうです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。