ダンボールのルーツ探検隊トップ >> ダンボールのルーツ探検隊 >> チェンジ

チェンジ

長く物流に使用されていた木箱からダンボールへと輸送に使用される外箱が変わったのは、どのような理由からなのでしょうか。

木箱とダンボールでは、重量に違いがありますので、外箱をダンボールにすることで、輸送する荷物全体の軽量化となり、作業の効率が上がるということが考えられます。

また、木箱の原料は木材で、木箱を1つ作る為に、大量の木材を必要としますので、木材を必要とはしないダンボールを使用することで、森林保護に繋がることが分かります。

その目安として、木箱を1つ作ろうと考えれば、ダンボールなら13個も作ることが出来るというキャッチフレーズがありました。

木箱に代わってダンボールを使用することで、物流の作業が効率化し、さらにコストダウンにもなるのですから、多くの企業がこぞって木箱からダンボールへと外箱を切り替えていったのです。

また、急激な森林伐採により、自然破壊の問題を抱えていた国の後押しもかなり強力なものであったそうです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。