ダンボールのルーツ探検隊トップ >> ダンボールのルーツ探検隊 >> 木箱の種類

木箱の種類

木箱には、さまざまな種類の木材が使用可能で、松や杉などが代表的ですが、国産のものよりも、外国産の木材が多く使用される傾向があります。

また、それらの木材を使用して木箱を作る時には、外から内容物が分からないように木材を詰めた形で木箱を作る方法と、外から中の様子が少し見えるようにわざと隙間を作って木材を組む方法とがあります。

1枚ずつ木材を敷き詰めて木箱を作ると、木箱を開くまで中の様子は分かりませんが、輸送している間に受けるかもしれない外部からの振動をしっかりと吸収することができ、品物が破損する可能性が少ないので、高価な品物や精密機器などの輸送に向いている木箱となります。

少し隙間を作ってある木箱では、蓋を開けなくても外から中の様子を確認しながら輸送することができますので、品物の送り間違いや破損などを防ぐことが期待できます。

隙間といっても広く開いているのではなく、覗き込める程度ですが、雨で品物が濡れてしまうことを避ける為、ダンボールに入れた品物を隙間木箱に並べるという使い方も多いようです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。