ダンボールのルーツ探検隊トップ >> ダンボールのルーツ探検隊 >> 木枠梱包

木枠梱包

木箱での梱包とは違い、木枠での梱包となると、木材を枠組みで組んだ状態となり、木材で隠れる部分よりも隙間の部分の方が広いものとなりますので、木枠梱包は木箱梱包に準じた扱いとなっています。

品物が見える部分が多いところから、海外向けの輸送よりも、国内向けの輸送で使われる方法となることが多く、角や端などといった局部的な部分は木材でしっかりと守ることが出来るので、重量のある品物や大型の品物などを木枠梱包することも可能です。

木枠であることから、雨などへの対処が必要になりますが、防水効果があるシートなどで覆うことで、安心して輸送出来るものとなります。

木箱と比べると、木枠は木材の使用量がかなり少なくなるので、輸送材にかかるコスト軽減に繋がります。

木枠梱包は流通にダンボールが使用される以前より行われてきた品物の梱包方法であり、梱包できるサイズや重さなどに制限がない為、現在でも多くの企業にとって受け継がれている輸送の際の手段と言えます。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。