ダンボールのルーツ探検隊トップ >> ダンボールのルーツ探検隊 >> 木材に代わる材質

木材に代わる材質

木材を使用する木箱や木枠などの梱包は、中に入れる品物を充分に守ることができるものでしたが、木箱や木枠だけで相当な重量があり、またコストもかなりかかるものなので、企業にとって充分に満足できる梱包方法というわけではない場合もありました。

木箱や木枠に詰めた荷物の出荷では、手作業というわけにはいかず、フォークリフトなどの機械を必要としましたし、大量の輸送を行う企業では、その輸送にかかるコスト高が問題となっていました。

そのような木材の梱包で抱える問題を解決することになったのがダンボールだったのです。

ダンボールは厚みがあるものを選択すれば、重量があるものも梱包することが可能で、ダンボールそのものは軽い梱包材なので、出荷時には必要以上の手間は要りません。

また、木材と比べるとダンボールは圧倒的なコストダウンとなりますので、輸送にかかる費用を抑える効果もありました。

木材とダンボールは必ずしも分けて考える必要はなく、品物によってはこれらを組み合わせることによって、必要な強度やコストダウンを実現しながら使用することができます。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。