ダンボールのルーツ探検隊トップ >> ダンボールのルーツ探検隊 >> メリット満載

メリット満載

ダンボールの前に流通業界で活躍していた木材は、現在では燻蒸処理がなくては活用することができない素材となっていますが、ダンボールにはそのような処理の手間がありません。

また、形成するために釘やネジなどが必要ということはなく、組み立てるだけで強度を持ちながら気軽に扱える素材となっています。

扱いが簡単であることは、梱包時だけではなく、開梱時にも同様のメリットで、釘抜きやハンマーなど不要で手作業で荷物を取り出すことができます。

大量に荷物を梱包する必要がある企業なら、作業の効率が上がり、ダンボールを使用することによって、作業時間は大いに短縮することが期待できるものとなります。

ダンボールは軽い素材ですが、重量制限があるトラックに、木箱や木枠に梱包していた以上の荷物を載せることが叶います。

リサイクル可能な素材であることはもちろんのこと、リサイクルを待つ間も小さく畳んでたくさん保管しておける、正にメリット満載な素材なのがダンボールなのです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。