ダンボールのルーツ探検隊トップ >> ダンボールのパレット >> 必要に応じたパレット

必要に応じたパレット

ダンボールのパレットが重宝されるのは、安価であること、リサイクルできることのほかにも、非常に加工しやすいということも挙げられます。

つまり、必要に応じたパレットを作ることができるということです。

ダンボールは、もともと既製品というものはありません。

そのほとんどがオーダーによって作られます。

もちろん、みかん箱はほぼ大きさや素材の規格は決まっていますが、それでもダンボールの表面にどんな印刷をするかは、すべてオーダー性です。

このように、もともとオーダーして作ることがあたりまえのダンボールですから、様々な加工をして使い勝手をよくすることができるのです。

例えば、ダンボールの天面に立ち上がりをつけることによって、商品を横滑りするのを防ぐことができます。

例えば、通常の表ライナーと裏ライナーの間に中芯が入った構造のダンボールから、表ライナーを取ると、中芯が滑り止めになるようなパレットもできるでしょう。

またこの形態だと、自由に何かに巻きつけたり、巻き取った形でダンボールを保管することもできます。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。