ダンボールのルーツ探検隊トップ >> 未だダンボールが無い頃 >> 横からの衝撃などに強い木枠

横からの衝撃などに強い木枠

梱包するにあたって、横からの衝撃などに強い梱包にするには、昔は、木枠を利用するのが一般的でした。

木枠は、木材と釘とハンマーがあれば、誰にでも作れる手軽なもので、横からの衝撃にも強いという特性を持っています。

現在でも、運送業者によっては、小さいのにかなり重さのあるモノについては、木枠の梱包を要求される場合もあるようです。

さらに60キロを超えるような重量物だと、パレット梱包を要求される場合もあります。

しかし、実際には、強化ダンボールを利用すれば、木枠を利用しなくても、十分な梱包ができます。

それほど、強化ダンボールの強度は高くなっているのです。

ダンボールの製造工場では、オーダーに応じて必要な大きさと強度を持ったダンボールによる木枠を作ってくれるでしょう。

ダンボールは、木材より軽く、かつ扱いやすいため、今後、ますます木枠に代わって強化ダンボールが利用されることが多くなるでしょう。

その便利さがより多くの人に認識されれば、強化ダンボールの利用例はさらに増えるに違いありません。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。