ダンボールのルーツ探検隊トップ >> 未だダンボールが無い頃 >> 木枠に代わるもの

木枠に代わるもの

木枠に代わるものをダンボールの製造工場に発注するときには、梱包するものの図面と、その重さ、材質などのデータを渡して入念に打合せしましょう。

運搬において強化ダンボールの利用が断られ、木枠の使用を求められるのは、たいていの場合、梱包する商品が小さいのに、その梱包物の重さがとても大きい場合が多いでしょう。

ダンボールは1点に重さがかかると、その部分から底が抜けたりする場合があるため、木枠の使用を求められることが多いわけですが、強化ダンボールの使用と、梱包の手法によって、木枠を用いるよりもさらに強度が高く、かつ軽く、扱いに優れ、しかも安価になる場合も多いのです。

木枠に代わる強化ダンボールによる梱包材を発注する場合には、一般にダンボールが弱いと思われている点、(先に挙げた1点に重さが集中すると弱い、あるいは水に弱い等)を克服でき、かつそれを運搬事業者にわかりやすくプレゼンテーションできなければなりません。

オーダーするときには、そのことを念頭において置きましょう。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。