ダンボールのルーツ探検隊トップ >> 未だダンボールが無い頃 >> ダンボール化粧箱

ダンボール化粧箱

ダンボールの化粧箱はいろんなところでお目にかかります。きれいにお化粧した商品を見ると追加って見たくなりますね。「ラン」もかわいい箱に入ったキャンディを見つけるとついつい買ってしまうんです。中身を見て少ししか入っていないとがっかりするけれど、箱は鉛筆立てなどにして残しておきます、っていうか、気がついたら残っているんですね。そういうお気に入りって感覚がダンボールの化粧箱にはあるとおもいます。そういえば化粧品の入った箱も何気ない色ですが、澄み切った色というか、透明感のある色で構成されていますね。光沢のある表面加工はそれだけで高級感があるような気がします。
先日友人からいただいたのですが、お茶の入った缶のような容器、実はダンボールだったんです。中はアルミだし、適当に湿気を吸ってくれるような気がして、お茶がいつも新鮮なままでいると思うんですね。時々しかお茶は入れないのですが、冷凍庫に入れて少しずつ楽しもうと思います。きれいなだけでなくて、機能面でもダンボールの化粧箱は考えられているように思います。
お土産のお菓子や果物が入ったダンボールの化粧箱もなかなか凝ったものがあります。やはり見た目のインパクトというのも大切ですからね。目立ったものでないと買ってもらえませんから。いつだったか、ミカンをいただきましたが、きれいな写真が目に飛び込んでくるパッケージでした。南向きの海に面した傾斜で、よく日光に当たって育ったんだなというメッセージが伝わってきました。食べたらもう、おいしくてたまらなかったです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。