ダンボールのルーツ探検隊トップ >> 未だダンボールが無い頃 >> 起源を探るとは

起源を探るとは

ルーツとは、もともと何かが始まった起源とか、由来と言う意味です。

今では色々な所でルーツと言う単語は使われています。

普段何気なく見ているダンボールにもそのルーツは必ずあります。

ダンボールの起源を紐解いてもてみましょう。

その昔ダンボールになる前には、貴族が襟元に巻いていたと言われています。

これは、襟元が汗をかき、その汗を拭くのにつかったとか。

これがダンンボールに変化したとは誰も思わないでしょう。

ルーツとはそんなものです。

飛行機が今では大きくなり、大量の人や荷物を運べるようになりました。

しかし、最初の飛行機はライト兄弟によって発明されたのは知っていると思います。

当時のライト兄弟にしてみたら、これほど大型になるとは夢にも思わなかったでしょう。

それほど、起源、ルーツと言うのは、今とか比較にならないほどかけ離れているものです。

日本に初めて入ってきたのは、鎖国が終わった明治からだと言われています。

その前の江戸時代には、外国との交流な長崎だけしか許していませんでした。

その影響からか、日本に入ってきた時期は遅くなったと言うことです。

日本人によって初めてダンボールが生産されてから既に100年は経っているようです。

その間に色々なダンボールが開発され今の形になってきました。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。