ダンボールのルーツ探検隊トップ >> 未だダンボールが無い頃 >> 身近な物の元をたどって

身近な物の元をたどって

身近な物というのは、それらがあって当然のように感じてしまうためか、それらがどういった所から出来ているのか、そしてどういう進化を遂げているのかなどは気づかない事が多いと思います。

だからこそ、身近な物には改めて一度注目をしなおすという事が必要になるはずです。

特に日常生活や見えない所でも使われている、ダンボールやビン、カンなどに関しては、毎日のようにどこかで使われるけれど、それを利用するのが当たり前になってきている物になります。

だからこそ、それの重要さというのは普段から意識される事もなく、ついついそれらに関する事を見落としがちになってしまうのでしょう。

改めて見直してみると、日常的には利用していた物でも、それらの新たな使い道を見出すことが出来たり、どうやって作られているのか、それらの工夫に目がいったりと面白い発見もあるはずです。

たかがダンボールと思うようなものかもしれませんが、それに助けられている場面というのは沢山あるはずですから、そういう所を見直してみましょう。

どうして昔からそれらが使われているのか、そしてどうして今でもそれに勝る何かが生まれることは無いのかなど。

人は物を発明し生み出すことが出来ると思います。

それらがこれからもどういった工夫がされていくのか、元をたどるとどういった形で生まれたのかを知ってみるのも楽しめるはずです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。