ダンボールのルーツ探検隊トップ >> 未だダンボールが無い頃 >> ダンボールが生まれ変わる

ダンボールが生まれ変わる

身近な資源というものに目を向けてみると色々な発見が出てくると思いますので、それらに関して目を向けてみると資源の新たな使い道何かも見出せるはずです。

ダンボールというもの、それはクラフト紙から生まれた人からすると重要な資源になるものだと思います。

そんなダンボールというものが、利用された後どのようになっているのか、それに関して目を向けてみた事はあるでしょうか。

簡単な話し、そう言うダンボールと言うものを利用する機会は多いと思うのですが、油断するとそれはただの資源の無駄遣いになりがちです。

エコロジー何かを心がけるように社会的にも呼びかけが増えている現在、無駄な資源などは増やすわけにはいかないでしょう。

そう考えるとなると、処分したダンボールなどがちゃんとリサイクルなどのルートをたどり、再び利用できるようにダンボールなどに生まれ変わるというのが一番好ましい結果になるのではないでしょうか。

皆さんの身近なものに、リサイクルにより作られたものというのはどれだけあるものでしょう。

最初はダンボール一つであっても、そのようにリサイクルされて作られてきたものばかりでは無いと思います。

ルーツをたどって色々と見ていくと、社会の傾向などを見て行きながら、少しずつ工夫を凝らしていかれたようにも思えるものです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。