ダンボールのルーツ探検隊トップ >> 未だダンボールが無い頃 >> 根本を辿り利用方法を増やす

根本を辿り利用方法を増やす

ダンボールが出来た理由とは何なのか、ダンボールはどこからやってきたものなのか、それらを意識して調べていくことにより、見えてくるものと言うのは色々なものがあるはずです。

どういう事かと言うと、人と言うのは様々な道具を使う事が出来ると思いますが、その道具の使い道と言うのを極端に決め手しまいがちなものです。

道具をこう使う、と示されていれば、そう言う使い方しか意識を出来なくなっていき、ダンボールで例えるならばそれらは梱包や運搬などに利用される事が多い為に、世間ではそう言う使い方ばかり意識されるようになっています。

その反面、それが本来の使い方とするならば、その他にも多くの使い道や利用方法を見出してきている一面も確かにあるものです。

工作などに利用されたり、その他にも様々な使い道と言うものが見出され、強度の問題や色合いなどの見た目の問題などを解決して、デメリットを補っていくことが出来るようにもなっていると思います。

そう言う風にデメリットを補うまでには、どれだけの失敗や不具合に向き合う事になったのでしょうか。

問題などと言うのは案外尽きることを知らない事でもあるはずです。

そうして考えていくと、利用方法を増やしていくのもあまり簡単な話しではないようにも感じられます。

メリットを補う方法を、人は作っていかなければならないのです。

ダンボールのルーツ探検隊へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。